活動写真館

実の目  歩道の整備

【実の目】

 

アスファルトの劣化、剥離による歩道の

凸凹で病院に通院する高齢者の歩行や

車イス、歩行器、バギーなどの通行困難を招いていました。

つまづく危険性がとても高く、現地確認中、横切る自転車が

凸凹による跳ね上がり走行。

自転車も転倒しそうで危険に感じました。

現地を見ることで説得力も増し

緊急性を相手に理解してもらえます。

事故が起きる前に早急に舗装整備。

今回も現場力を発揮することが出来ました。

 

 

 

 

ブログ新着記事

活動報告

カテゴリー

PAGE TOP