大雨の際に河川内の河道の屈曲部では外カーブ側に洪水流が突き当たり,堤防のり面が削られて危険な状況になっていると地元からの相談で現地確認へ。

 

現地で樋門の上流側の護岸基礎部の洗掘が著しく、最も緊急性が高いと判断し、急遽、樋門上流護岸基礎付近に袋詰め玉石を設置することで当該区間の状況を経過観察します。

 

 

これからも皆さんが安心、安全に暮らせる様に本気でヤル気でお手伝いさせて頂きます。